『祖霊と死後の準備』

抑々(そもそも)死に際し霊体離脱の状態は如何というに、之(これ)に就て或看護婦が霊視した手記が相当よく書いてあるから記(しる)してみよう。

之(これ)は西洋の例であるが人によって霊の見える人が西洋にも日本にも偶々(たまたま)あるのである。私は悉しい事は忘れたが、要点だけは覚えているがそれは斯(こ)うである。「私は或時、今や死に垂(なんな)んとする病人を凝視していると、額の辺(あたり)から一条の白色の霧の様なものが立昇り、空間に緩やかに拡がりゆくのである。そうする裡に、雲烟の如き一つの大きな不規則な塊のようなものになったかと思うと、間もなく而(しか)も徐々として人体の形状の如くなり、数分後には全く生前そのままの姿となって空間に起ち、凝(じ)っと自己の死骸を見詰めて居り、死体に取ついて悲歎にくれている近親者に対し、自分の存在を知らしたいような風に見えたが、何しろ幽冥所を異にしているので諦めたか、暫くして向直り窓の方に進んでゆき、いとも軽げに外へ出て行った」というのであるが、之は全く死の刹那をよく表わしている。

右手記は一般人の生から死への転機の状態であるが、西洋の霊界は平面的であり、東洋の霊界は立体的である。之は日本は八百万の神があり、大中小上中下の神社があり、社格も官幣、中幣、県社、郷社、村社等、種々あるによってみても如何に階級的であるかが知らるゝのである。之(これ)に反し西洋はキリスト教一種といっても可(よ)いのであるから、全く経と緯の相違である事は明かである。故に前者は多神教で後者は一神教というのである。

次に人の死するや、、仏教に於ては四十九日、神道に於ては五十日祭を以って一時打切りにするが、それはその日を限りとして霊界へ復帰するのである。それ迄霊は仏教にては白木の位牌、神道にては麻で造った人形の形をした神籬(ひもろぎ)というものに憑依しているのである。茲(ここ)で注意すべきは、死者に対し悲しみの余りなかなか忘れ得ないのが一般の人情であるが之(これ)は考えものである。何故なればよく謂う「往く所へ往けない」とか「浮ばれない」とかいうのは、遺族の執念が死霊に対し引止めるからである。故に先ず百ヶ日位過ぎた後は成可(なるべく)忘れるように努むべきで、写真なども百ヶ日位まで安置し、其後一旦撤去した方がよく、悲しみや執着を忘れるようになった頃又掛ければ可いのである。

次に仏壇の意義を概略説明するが、仏壇の中は極楽浄土の型であって、それへ祖霊をお迎えするのである。極楽浄土は百花爛漫として香気漂い、常に音楽を奏し飲食裕かに諸霊は歓喜の生活をしている。それを現界に映し華(はな)を上げ、線香を焚き、飲食を饌供するのである。又鐘は二つ叩けばよく、之(これ)は霊界に於る祖霊に対し合図の意味である。之(これ)を耳にした多数の祖霊は一瞬にして仏壇の中へ集合する。然し此事は何十何百という祖霊であるから、小さな仏壇の中へ如何にして併列するか不思議に思うであろうが、実は霊なるものは伸縮自在にして、仏壇等に集合する際は其場所に相応するだけの小さな形となるので、何段もの段階があって、それに上中下の霊格の儘(まま)整然と順序正しく居並び、人間の礼拝に対しては諸霊も恭(うやうや)しく会釈さるゝのである。そうして飲食の際は祖霊はそのものゝ霊を吸収するのである。然(しか)し霊の食料は非常に少く、仏壇に上げただけで余る事があるから、余った飲食は地獄の餓鬼の霊に施すので、その徳によって祖霊は向上さるゝのである。故に仏壇へは出来るだけ、平常と雖(いえど)も初物、珍らしき物、美味と思うものを一番先に饌供すべきで昔から孝行をしたい時には親はなしという諺があるが、そんな事は決してない。寧ろ死後の霊的孝養を尽す事こそ大きな孝行となるのである。勿論墓参法事等も祖霊は頗る喜ばれるから、遺族又は知人等も出来るだけ供養をなすべきで、之によって霊は向上し、地獄から脱出する時期が促進さるゝのである。

世間よく仏壇を設置するのは長男だけで、次男以下は必要はないとしてあるが、之は大きな誤りである。何となれば両親が生きているとして、長男だけが好遇し、次男以下は冷遇又は寄付けさせないとしたら、大なる親不幸となるではないか。そういう場合霊界におられる両親は気づかせようとして種々の方法をとるのである。その為に病人が出来るという事もあるから注意すべきである。

今一つ注意すべきは改宗の場合である。それは神道の何々教に祀(まつ)り替えたり、宗教によっては仏壇を撤去する事があるが、之等も大いなる誤りである、改宗する場合と雖も、祖霊は直ちに新しき宗教に簡単に入信するものではない。恰度生きた人間の場合家族の一員が改宗しても他の家族悉くが直ちに共鳴するものではないと同様である。此為祖霊の中では立腹さるゝものもある。叱責の為種々の御気付けをされる事もある。それが病気災難等となるから、此一文を読む人によっては思い当る節がある筈である。

茲(ここ)で霊界に於る団体の事をかいてみよう。霊界も現界と等しく各宗各派大中小の団体に分れている。仏教五十数派、教派神道十三派及び神社神道、キリスト教数派等々それぞれ現界と等しく集団生活があって死後、霊は所属すべき団体に入るがそれは生前信者であった団体に帰属するのである。然るに生前何等信仰のなかった者は所属すべき団体がないから、無宿者となって大いに困却する訳であるから生前信頼すべき集団に所属し、死後の準備をなしおくべきである。

之に就て斯(こ)ういう話がある。以前某所で交霊研究会があった際、某霊媒に徳富蘆花氏の霊が憑った。そこで真偽を確める為蘆花夫人を招き鑑定させた処、慥(たし)かに亡夫に違いないとの証言であった。其際種種の問答を試みた処、蘆花氏の霊は殆んど痴呆症の如く小児程度の智能で、立合ったものは其意外に驚いたのである。それは如何なる訳かというと、生前に於て死後を否定し信仰がなかったからで、生前トルストイの人道主義に私淑し、人間としては尊敬すべき人であったに拘わらず右の如きは全く霊界の存在を信じなかったからである。