『病気とは何ぞや』
 愈々(いよいよ)之から病気に就(つい)ての一切を解説する順序となったが、抑々(そもそも)病気とは何かといふと、一言にしていえば体内にあってはならない汚物の排泄作用である。従って体内に汚物さへなければ血行は良く、無病息災で年中潑剌(はつらつ)たる元気を以(もっ)て活動が出来るのである。としたら一体汚物とは何であるかといふと、之こそ薬剤の古くなったもので、毒血又は膿化した不潔物である。では何故其(その)様な病気の原因となる処の薬剤を使用しはじめたかといふと、之には大いに理由があるから詳しくかいてみるが、抑々(そもそも)人類は未開時代は兎(と)も角(かく)、漸次(ぜんじ)人口が増へるに従って、食物が不足になって来た。そこで人間は食物を探し求め、手当り放題に採っては食った。勿論農作法も漁獲法も幼稚の事とて、山野、河川至る処で木の実、草の実、虫類、貝類、小魚等を漁(と)ったが、其(その)良否など見分ける術(すべ)もないので、矢鱈(やたら)に食欲を満たそうとしたので、毒物に中(あ)てられ、其(その)苦痛を名付けて病気と謂(い)ったのである。そこで何とかして其(その)苦痛を脱(のが)れやうとし、草根木皮を試みた処、偶々(たまたま)苦痛が軽くなるものもあるので、之を薬と称して有難がったのである。其(その)中での薬の発見者としての有名なのが、中国漢時代に現はれた盤古(ばんこ)氏で、別名神農(しんのう)といふ漢方薬の始祖人であるのは余りにも有名である。
 右の如くであるから、食物中毒の苦痛も勿論其(その)浄化の為であり、薬効とは其(その)毒物の排泄停止によって苦痛が緩和されるので、已(すで)に其(その)頃から浄化停止を以(もっ)て病を治す手段と思ったので、此(この)迷盲が二千有余年も続いて来たのであるから驚くの外(ほか)はない。そうして西洋に於ても草根木皮以外凡(あら)ゆる物から薬を採ったのは現在と雖(いえど)もそうである。従って薬で病気を治す考え方は、之程開けた今日でも原始時代の人智と些(いささ)かも変ってゐないのは不思議といっていい。
 偖(さ)て愈々(いよいよ)之から実際の病気に就(つい)て徹底的に解説してみるが、抑々(そもそも)人間として誰でも必ず罹(かか)る病としては感冒であらうから、之から解説するとしやう。先(ま)づ感冒に罹(かか)るや発熱が先駆となり、次で頭痛、咳嗽(せき)、喀痰(かくたん)、盗汗(ねあせ)、節々の痛み、懈(けだる)さ等、其(その)内の幾つかの症状は必ず出るが、此(この)原因は何かといふと、体内保有毒素に浄化作用が発(おこ)り、其(その)排除に伴ふ現象である。処が其(その)理を知らない医療は、それを停めやうとするので、之が大変な誤りである。今其(その)理由を詳しく説明してみると斯(こ)うである。即ち人間が体内に毒素があると、機能の活動を妨げるので、自然は或(ある)程度を越ゆる場合、其(その)排除作用を起すのである。排除作用とは固(かた)まった毒素を熱によって溶解し、喀痰(かくたん)、鼻汁、汗、尿、下痢等の排泄物にして体外へ出すのであるから、其(その)間の僅(わず)かの苦痛さへ我慢すれば、順調に浄化作用が行はれるから毒素は減り、それだけ健康は増すのである。処が医学は逆に解して、苦痛は体内機能を毀損(きそん)させる現象として悪い意味に解釈する結果、極力停めやうとするのであるから、全く恐るべき誤謬(ごびゅう)である。そうして元来浄化作用とは、活力旺盛であればある程起り易いのであるから、弱らせるに限るから、茲(ここ)に弱らせる方法として生れたのが医療である。勿論弱っただけは症状が減るから之も無理はないが、実際は無智以外の何物でもないのである。其(その)弱らせる方法として最も効果あるものが薬である。つまり薬と称する毒を使って弱らせるのである。人体の方は熱によって毒素を溶かし、液体にして排泄しやうとして神経を刺戟(しげき)する。それが痛み苦しみであるのを、何時(いつ)どう間違へたものか、それを悪化と解して溶けないやう元通りに固(かた)めやうとする。それが氷冷、湿布、解熱剤等であるから、実に驚くべき程の無智で、之では病気を治すのではなく、治さないやうにする事であり、一時の苦痛緩和を治る過程と思ひ誤ったのである。処が前記の如く苦痛緩和手段其(その)ものが病気を作る原因となるのであるから由々しき問題である。つまり天与の病気といふ健康増進の恩恵を逆解して阻止排撃手段に出る。其(その)方法が医学であるから、其(その)無智なる評する言葉はないのである。近来よく言はれる闘病といふ言葉も、右の意味から出たのであらう。
 右の如く感冒に罹(かか)るや、排泄されやうとする毒素を停(と)めると共に、薬毒をも追加するので、一時は固(かた)まって苦痛は解消するから、之で治ったと思ふが、之こそ飛(と)んでもない話で、却って最初出やうとした毒素を出ないやうにして後から追加するのであるから、其(その)結果として今度は前より強い浄化が起るのは当然である。其(その)証拠には一旦風邪を引いて一回で治り切りになる人は殆(ほと)んどあるまい。又陽気の変り目には大抵な人は風邪を引くし、風邪が持病のやうになる人も少なくないので、そういふ人が之を読んだら成程と肯(うなず)くであらう。此(この)様に人間にとって感冒程簡単な体内清潔作用はないのであるから、風邪程有難いものはないのである。処が昔から風邪は万病の基などといってゐるが、之程間違った話はない。何よりも近来の如く結核患者が増えるのも風邪を引かないやうにし、偶々(たまたま)引いても固(かた)めて毒素を出さないやうにする。従って結核予防は風邪引きを大いに奨励する事である。そうすれば結核問題など訳なく解決するのである。それを知らないから反対の方法を採るので、益々増へるのは当然である。
 そうして右の如く病原としての毒素固結であるが、此(この)原因は先天性と後天性と両方ある。先天性は勿論遺伝薬毒であり、後天性は生れた後入れた薬毒である。処が其(その)両毒は人間が神経を使ふ局部へ集中固結する。人間が最も神経を使ふ処としては、上半身特に頭脳を中心とした眼、耳、鼻、口等であるから、毒素は其処(そこ)を目掛けて集中せんとし、一旦頸部(けいぶ)附近に固結するのである。誰でも首の周り、肩の附近を探ればよく分る。其処(そこ)に固結のない人は殆(ほと)んどないといっていい。而(しか)も必ず微熱があるのは軽微な浄化が起ってゐるからで、頭痛、頭重、首肩の凝(こ)り、耳鳴、眼脂(めやに)、鼻汁、喀痰(かくたん)、歯槽膿漏等は其(その)為である。処が毒結が或(ある)程度を越ゆると自然浄化が発生するし、其(その)他運動によって体力が活潑(かっぱつ)となったり、気候の激変によって自然順応作用が起ったりする等の諸原因によって風邪を引くやうになる。よく肩が張ると風邪を引くといふのは之である。又咳嗽(せき)は液体化した毒結排除の為のポンプ作用であるが、之は首の附近とは限らない。各部の毒結もそうである。次に嚏(くしゃみ)であるが、之は恰度(ちょうど)鼻の裏側、延髄附近の毒素が液体となったのを出すポンプ作用であるから、此(この)理を知れば実際とよく合ふ事が分るのである。
 右の如く頭脳を中心とした上半身の強烈な浄化作用が感冒であるから、此(この)理屈さへ分れば、仮令(たとえ)感冒に罹(かか)っても安心して、自然に委せておけばいいので、体内は清浄となり、順調に割合早く治るのであるから、此(この)事を知っただけでも、其(その)幸福の大なる事は言ふ迄もない。