地上天国祭 式次第

 

祭典五分前になりましたので、ご着席ください。そして、携帯電話などはマナーモードにされるか電源をお切りになって祭典に臨む姿勢づくりにお努めください。

 

祭典三分前になりました。

夜昼転換の御経綸は全知全能の主神様が司られます。

三千年に一度夜から昼の世界に転換するために年々日の神様のお働きが強くなり、薬の害が激しくなってくるのです。

御経綸の目的である『地上天国』とは苦しみのない病貧争を克服した世界ですが、その実現の最大の障害は病気です。

「病を無くす」「病気治しは救いの基本」であることを認識し、『医学革命』を推進していくのが私達信者の使命なのです。

夜昼転換と言う大経綸の時代に生まれ

世の中から病を無くし地上天国を建設する御用にお使いいただける仕合せに感謝申し上げ、地上天国建設の決意をさせて頂く御祭りとさせて頂きましょう。


心静かに開式をお待ち申し上げます。


(祭典)


ただいまから「三救 地上天国祭」を執り行わせていただきます。


天津祝詞・善言讃詞 奏上

御浄霊を賜ります。

御教え拝読 (世界救世(メシヤ)教教義)

 

ご挨拶をさせていただきます。

(準備・テーブルの移動)

 

 

以上をもちまして「三救 地上天国祭」を終わらせていただきます。

ありがとうございました。