浄化というとらえ方がまだまだ 世の中とメシヤ様関連の信者さん方の受け止め方は乖離しています。
しかしながら世の中の状勢を無視していいわけではなく、問題を起こす側になってはいけません。
ご自宅で祭典を行われる方もあろうかと思います。ぜひ参考になさってください。


『御垂示録』21号、昭和28年6月15日
問題を起こすということはたいへんなものです。これが一番悪いです。これが御神業に対して非常なお邪魔になります。つまりみんな邪神に負けるのです。負けるということは、それだけタガがゆるんでいるのです。こっちがチャンと 知っていれば、邪神のつけ込むスキがないのです。やっぱりこっちにスキがあるから先が打ち込むのですから、抜き身の中にいるつもりでいなければ、いつ抜き 身でやられるか解りません。しかしこれは薬になります。少しタガを締めてもらわなければいけません。』



80F6DC0B-EE01-47B4-945A-0800F51BE4DB

メシヤ降誕本祝典記念大祭 「覚りの旅」を兼ねる。