御神前でお通夜をしても宜しき事 御垂示(S28年5月1日)

「お通夜の場合に、祭壇は御神前でよろしいのでございましょうか」
『結構です。』
「その場合、御写真、御神体には何かおかけすべきものでしょうか」
かけないで、そのままのほうがよいのです。やっぱり霊が救われます。』