3月3日はメシヤ降誕本祝典記念祭と月次祭を三救で執り行います。
挨拶文および『覚りの旅』資料は2月度『天恩地惠』に掲載してございますのでご確認ください。

202002kaihou




 メシヤ降誕本祝典記念大祭 「覚りの旅」を兼ねる。

 

三救責任者挨拶                      

本日は、メシヤ降誕本祝典記念大祭です。

平成三十年三月三日メシヤ様が現界にお出ましになられてより、私たちはメシヤ様の御手足としてメシヤ様と共に地上天国建設の大業に邁進させて頂いております。

メシヤ降誕本祝典記念大祭は、三月三日という日にメシヤ様がお出ましくださったことを喜び、感謝申し上げ、新たな気持ちで日月地完全な救いの力を地上の隅々まで広げていくことをお誓いさせていただく日であります。

世界の大転換『明日の医術 第三編』昭和十八年十月二十三日

『すべてに陰陽あるごとく一年にも寒暑の別あり、一日の中にも昼夜の別あり、十年にも昼夜の別あり、百年に千年に万年にもそれがあるのである。』と御教えいただいておりますように平成三十年が三千年来の夜昼転換であるとすれば、平成三十一年の夜昼転換の起点を三月三日とし、経綸の主体である大ミロク様の御働きでメシヤ様がお出ましくださったことを、私たち人間が受け止めさせていただき、その御力を

聖地→三救→日本→世界 へと広げていかねばなりません。

現界のいかに多くの地に人に反映していけるのかが問われているのです。

そういう意味で、日本の真ん中、中京と言われるこの三重の地で三月三日に主神様の御前で祝詞を奏上させていただけることに感謝を持って祭典に臨ませていただきたいと思います。

昨年はこのように挨拶させて頂きました。大ミロク様の御神名が登場致します。『経綸の主体である大ミロク様の御働き』と受け止めさせて頂いているのです。御教えで確認させて頂きます。

『メシヤという神は国常立尊という審判の神様で、これは永久的のものでない。ある時を限られたお働きで、長い。

一厘の種はメシヤとは違う。神様のやられること、計画は非常に深く絶対判らぬ。経綸は最高の神たる国常立尊様でも判らぬとおおせられる。経綸の主体は大弥勒の神で、この神が経綸の中心である。キリストや釈迦もぜんぜん判らぬ。必要だけのことしか判らぬ。神秘である。最高の神でも判らぬ。お筆先に「神界の事は判らないと思う人は判ったのである」と。

世界の種々なことは、根本の神から出ているので、人間が気をもんだり、とやかく言うのも馬鹿馬鹿しい。最高の神の経綸は、善悪両方を造って操っておられるのが神である。今度はずいぶん苦しんだが、怒ってもしかたない。神様が使って、立派な仕事ができてゆく。ただ悪魔は一時的で勝たぬ。いままでは神が勝つのが遅かった。今度は早くなって五六七の世になる。(御講話 昭和二十五年八月一日)』

 

 

文明の創造 序文 栄光百七十号、昭和二十七年八月二十日に、

『私は目下文明の創造なる大著述をかきつつあるが、その予告として序文をこの欄に載せる事にした。』

『これを信ずる者こそ永遠の生命を獲得すると共に、将来における地上天国の住民として残るのである。そうして主神の経綸の深くして、そのスケールのいかに大なるものであるか、また現在までの文明がいかに野蛮極まるレベルの低いものであるかを、この著によって充分知らせ確固たる信念を得させるのである。』とあります。

お手元の『文明の創造』序文をご確認ください。

『そうして来るべき地上天国たるや其構想の素晴らしさ、スケールの雄大さは到底筆舌に尽せないのである。其時に到って現在迄の文明が如何に野蛮極まる低劣なものであったかがハッキリ判ると共に、人類は歓喜に咽(むせ)ぶであらう事を断言するのである。』と書かれていますね。全世界に頒布されるご予定でしたから、何度も推敲され、未信者の人々にもわかるように配慮されたのだと拝察いたします。『最後の審判』を前に普く人類に伝えようとしてご執筆された著書です。それ故、信者向けの栄光紙には『主神の経綸』とはっきりとお書きになられたのではないでしょうか。私達は、メシヤ様の御意図を慮らねばならないと存じます。

もう一つ御教えを確認させて頂きますと、

『これは「文明の創造」の中にある一節ですが、それを読ませます。』

 (御論文「文明の創造 九分九厘と一厘」 ※掲載されていない)

『今までは悪が勝っていたのが、今度は負けて、善の方が勝つのです。ミロクの世というのはそういうことです。しかしぜんぜんなくなることはないので、ただ悪の方が善に負ければ良いのです。善の方が勝てば幸福な世界ができる。そこで私が書いているのは主神の経綸ですから、善と悪と両方書くのです。これも必要だったのだ、これもオレがこしらえたのだとおっしゃるわけです。これも必要があったので、ある時期までは勝たせていたが、もう必 要がないので善の方が勝ちやすくなる、というのが最後の時期で、これからです。』

メシヤ様が書いているのは主神の経綸です。最後の審判の前に主神様の経綸として文明の創造をお書きになられたのです。

「主神様へ全宇宙の御経綸に対する感謝を捧げ奉り、メシヤ様から地上天国建設の御力を賜ることを念じ奉る祈りを捧げさせていただきます。」と月次祭で司会が読ませていただいている理由もお分かりいただけるのではないでしょうか。

 

全人類待望の炬光 大聖観音力の顕現 併而(あわせて)仏説の開扉

東方の光三号、昭和十年二月二十三日

『次に釈尊は説いていわく、末法仏滅の世となれば、その時弥勒出現してここにミロクの世が成就するという。これは法滅尽経及び弥勒出現成就経等に詳しく出ておるから瞭(あきら)かであるが、ついにその時期が到来したのであって、その弥勒の本体こそこれ又観世音菩薩であられるのである。それで弥勒と称(とな)えても三弥勒在られ、昔から報身(ほうしん)、法身(ほっしん)、応身(おうしん)弥勒と申上げているのである。報身は釈迦であり、法身は阿弥陀であり、応身は観音である。また日月地に配すれば日が観音であり月が阿弥陀であり、地が釈迦である。又地理的に配すれば日本が観音であり、東洋が釈迦であり西洋が阿弥陀なのである。又これを三尊の弥陀とも称え基督(キリスト)教で三位一体と称えるのもこの事である。(三尊の弥陀についてはいずれ詳しく解説する積りである)しかしてこの三位一体の力を独り具有され、大千世界の最後的救済を為さるのが、観世音菩薩即大弥勒神の御活動で被在(あら)せらるるのである。』

 

時は、昭和十年一月、大日本観音会が宗教団体として発足された年なのです。この年に、今までの仏の教えの誤りを正し、これが真実だと本当の教えだと、『仏説の開扉』として御教え下さっておられるということを、拝察すべきであると思います。観音様が弥勒下生の本体の神様なのであると、善言讃詞に『敬しく惟るに 世尊観世音菩薩此土に天降らせ給ひ 光明如来と現じ 應身彌勒と化し 救世主(メシヤ)とならせ』と、お示し下さった、観音様から救世主(メシヤ)様への御神格の向上を大日本観音会発足当初に既に、御教え賜っていたのです。しかし、昭和十年に開扉された仏説は『應身彌勒と化し』までで、應身彌勒の応身の彌勒は観音様であり、ミロク下生の経綸のお働きを大弥勒神と御教え下さったのです。その後、昭和二十五年に救世主(メシヤ)とならせられたのです。

 メシヤ様の御神格の向上を認識させていただくための祭典が『メシヤ降誕本祝典』であるのだろうと拝察いたします。平成三十年三月三日に初めて本祝典を執り行いました。その後、毎年『メシヤ降誕本祝典記念祭』として祭典を執り行わせて頂くことで、メシヤ様の御神格を認識される方が拡がっていきます。

関西巡教御講話(昭和二十九年四月十二日)の

『今まで何億という人類が拝んできたキリスト、釈迦を私が助けたというのですから、‶そんな人間が現われることはない、頭がどうかしている〟と言うかもしれません。あなた方はふだんから知っているでしょうが、それを‶これだ〟という所までゆけば、魂がすっかり固まったのですから、そうするとそれによってその人の力が強くなるのです。それこそ私の代理として立派に力をふるい、仕事ができるわけです。だから今言ったことをよく心に入れて大いにやってください。』

魂がすっかり固まり、人を救う強い御力を賜り、メシヤ様の代理として立派に力を揮い、仕事をさせていただくための、重要な祭典なのです。

 

 

「覚りの旅」

 

 令和二年三月度の『覚りの旅』に入らせて頂きます。

 

『浄霊の力の元は太陽の黒点』 昭和二十八年七月二十五日

『五六七大祭』 昭和二十五年三月十一日

 

『浄霊の力の元は太陽の黒点』

日に月に霊界ではだんだん変化しつつあるのです( )それは実におもしろいのです( )その根本だけは話してもよいですが( )その根本というのは力の(こん)(げん)です。それはなにかというと太陽の黒点なのです。太陽の黒点( )宇宙の支配力の中心なのです。あそこから力が出るのです。それで○チョン(ス)の(チョン)が太陽の黒点なのです。これがたいへんなものなのです( )ですから浄霊の力の元は太陽の黒点から来るのです( )だからおもしろいとも言えます( )それで学者もやっぱり昔から太陽の黒点を研究してますが( )遠過ぎてそれはとうてい分かりません( )私はいつか科学博物館で望遠鏡で見たことがありますが( )中にいくつ( )黒点が大きい小さいのが混じってます( )それを総合してみるとチョンになるわけですが( )それがなんだということは( )学者がいくら想像(そうぞう)してみてもそれはとうてい分かるはずはありません( )それで昼間の世界ということは黒点が変化するのです( )それで太陽の熱というものは( )太陽の黒点から放射されている一つのエネルギーですが( )火力というものは太陽よりか黒点の方がもっと強いので( )それは神秘(しんぴ)なものです。その黒点の代表者が主神です( )そこから私の体に光が来ているのです( ) 

 

それでは太陽の黒点についてのメシヤ講座を確認いたしましょう。

 

王権とは徳によって治めるもの

 メシヤ講座no.一八六岡山(平成二八年八月)より

(先生)まあ、太陽を見て考えていくと、黒点が天照天皇と考えて、太陽全体が天照皇后というふうに考えると分りやすい、というふうに別の時に教えていただいたのです。これは御教えにはないですので、今回教えていただいたのです。

それから主神様が絶対的な霊で地球が体に当たると。で、その体の中に主神様の地球を思う、そういう思いが「ミクラタナの神様」として宿って、そして天国を建設されようとしているのだ、というふうに、理屈で言えばそういうふうに解釈していただければいいと思います。

だから「ミクラタナの神様」が王権のシンボルというのは、王権というのは徳によって治める、その王権なので、戦いによって治める王権のシンボルではないので、戦って座に着いたものにはこの「ミクラタナの神様」は御宿りにはならないし、形は授けても霊の籠った宝物というのは授けられないのだというふうに受け止めていただいて。

 

〇主神様の御意図により御浄化の形が決まる

メシヤ講座・特選集 平成二十四年一月分

(先生)『近来僅(わず)かに発見されたのが、ヴィールス による空気伝染とか、アレルギー性によるとか言はれてゐる位で、吾等からみれば問題とするには足りない稚説(ちせつ)である。』とこういうふうにおしゃっておられます。じゃあ、これが稚拙であるかどうかということを考えた時に、みなさん方は、年末に風邪の御浄化をいただきましたね。それで風邪をひいた方がここへ来た時に、感染するのだったら全員にうつるはずなのですがそうではありませんね。必要な人にはうつるけども必要でない人にはうつりません。この違いがなにかということに関しては、医学的には明解な答えはありません。それからもう一方ではインフルエンザの型がありますね。香港A型とか、毎年型が違いますね。なぜ型の違うのが流行(はや)るのでしょうか。そういう説明聞いたことありませんか。

(質問者)ないですね。周期があるのでしょうか。

(先生)なんの周期かな。いい感じですけどね。

(質問者)罹(かか)った人が免疫ができるので、それに関係あるのではありませんか。

(先生)御教えにはないのですが、実証できていない仮説からいくと、‶太陽からきていると。太陽風に乗ってきている〟と。それは太陽の黒点の周期に関わるのだ、という仮説があって、そうなってくると、太陽というのは、黒点が主神様の代表なので主神様の御意図によって‶今年はこの形で地球全体を浄(きよ)めよう〟と、なされているということが推測できるのではないかと思います。

(質問者)スペイン風邪が大流行するのはスペインを浄めようとされていると・・

(先生)そうそう、そのスペインの独特の何かね・・曇りを発生させてしまった可能性があるので、それが浄化として発生してくる、と・・・これがね、仮説としてというのと関連してですね、‶あさイチ〟の「宇宙の渚スペシャル」という番組を見ましたか。

(参加者)ちょっとだけ見ました。オーロラの。

(先生)それで、オーロラを宇宙から見たらどう見えるかって言ってましたか。人工衛星から見たらオーロラはどういうふうに見えるかな。

地球からだとレースのカーテンみたいに見えるね。それで上から宇宙からだとどうなるかな。上から見るとリング状に見えるのです。では、なぜリング状に見えるのでしょうか。地球の北と南は磁力が加わりますよね。磁力を絵に描くとリンゴみたいになります。太陽からいろんなものが太陽風に乗ってくるのですけども、磁力によってフワッと分かれていくので、我々に有害なものは無くなるので命が保たれているのです。

しかし、一部分、北と南からスーッと入ってくるでしょう。この入ってくる時に、地球の大気とぶつかった時にオーロラができるのです。全体に磁力が働いているので上から見るとリング状に見えるのです。

地球の北と南は磁力が加わりますよね。磁力を絵に描くとリンゴみたいになります。太陽からいろんなものが太陽風に乗ってくるのですけども、磁力によってフワッと分かれていくので、我々に有害なものは無くなるので命が保たれているのです。

 

【テレビ番組から補足】オーロラがなぜリング状になっているのかを渡部潤一氏が解説。太陽からやってくる電子が地球が発する磁石のバリアーの隙間から入って現れる。隙間は磁石の軸(北極・南極)となるあたりにあり、大気とぶつかって発生し、全体的にリング状になる。

 

(先生)すると、太陽から来たものが、いくぶんか北極と南極から入ってくる可能性があることをオーロラは我々に教えてくれているのです。

私は見ていて、そういうことで‶太陽からきたものは北と南から入ってくる物質というのがあるのだ〟ということを感じたのです。

そうするとね、先ほどの仮説もあながちウソではないのだと思いますね。

北が広いからそこから広がっていく可能性もあるなあと思いますね。

南からきたのは赤道に向かってズーッと広がっていくということが推測できるなあと思います。しかし、我々は浄化作用のことを勉強してきているから、主神様の御意図によって今年の浄化の形態が決まるということは推測できますね。‶今年はこういう形で肉体が浄(きよ)められていくのだ〟と、大体推測できますね。これがもっと科学的実証ができるようになると良いと思います。

 

太陽の黒点減少し太陽風強まる

二〇一九年は、宇宙時代が始まって以来、最も太陽に黒点が出なかった年」なのだそうです。太陽に黒点が少ないと地球への影響はどのようなことが考えられるのでしょうか。

太陽の黒点が少ない時期に巨大地震が発生する確率も上がるのだそうで、実際に阪神淡路大震災も東日本大震災も、黒点が少ない時期に起こっています。黒点がゼロになった二〇〇八年には岩手・宮城内陸地震M7.2も起きているのです。特にリスクが高まるのが太陽風が強まる時期で、黒点が少ないと太陽から吹き出す太陽風が強まりますが、ちょうど太陽風が強い時期にM6以上の地震リスクが高まる傾向があるのだそうです。参照元:巨大地震:太陽の黒点が少ない時期ほど頻度高く(2011926日毎日新聞)

東日本大震災の発生した時期に太陽の地磁気活動は活発化していたようで、太陽風の速度が三月十一日の十四時から上昇を始めたとあります。そして、東日本大震災の地震発生は十四時四六分でした。

 

太陽の黒点が宇宙の支配力の中心なのです。あそこから力が出るのです。それで (ス)のヽ(チョン)が太陽の黒点なのです。これがたいへんなものなのです。ですから浄霊の力の元は太陽の黒点から来るのです。』というのは、宇宙の主宰神であられる主神様の御意図(宇宙意志)が地球の浄化活動に影響していると受け止めさせて頂くのが自然なのではないでしょうか。

 

「五六七大祭」救世五十三( ) 昭和二十五年三月十一日

御講話の要点を箇条書きに致します。

世界人類救済の大旆(たいはい)(かざ)して( )本格的活動に入らんとするのである。

▽メシヤとはキリスト教と深い関連がある。

▽私自身としても未だメシヤとは名のらないと共に、キリストの再臨ともいはない。

▽或る時期までは神様から発表を禁じられてゐるからでもある。

▽仮にメシヤの降臨などと思はれでもしたら大変である。

▽世界中からワーワーとやって来て、到底仕事など出来るものではない。

▽今日確実にいえる事は、世を救ふべく大経綸を行ふ事である。

▽救世(メシヤ)教の名を冠したのもその為である。

▽既成宗教は、全人類を救ふべき使命ではなかった。

▽キリスト教のみは、全人類の救ひが使命である。

▽もはや宗教そのものの力ではどうにもならない。

▽宗教以上の力、超宗教が出なければならない。

▽宗教とは宗祖(しゅうそ)の教(おしえ)である。

▽バイブル、経文、コーランというも文字を介して教え人間の魂を目覚めさせるのであるから、人間の自力である。

▽もはや人間力では間に合わない事になった。

▽教えも必要ではあるが、それ以上大神力の発揮がなくてはならないどうしても全人類を主宰し給う主の神即ちヱホバの絶対力の発現である、勿論人類発生以来今日まで、右のような大神力は出なかった

▽今までは、地上天国準備だけの力でよかったからである。

時期熟して世界は茲に一大転換と共に、天国樹立といふ神の理想実現となった。

此事が根本であって、之を深く認識する事によって初めて大神業に参加され得る資格者となるのである。

 

世界人類救済の大旆を翳す

『世界人類救済の大旆を翳して、本格的活動に入らんとする。』というお言葉にメシヤ様の人類救済への固いご決意を窺い知ることができるかと思います。『明日の医術 第一編』(再版)昭和十八年二月五日には、『私は思い切って医学の盲点を指摘したが、もちろん人類救済の目的以外他意はないので、もしこの発見がなかったとしたら、人類の未来は逆睹(ぎゃくと)し難いものがあろう。この意味において私の説を肯定し、医学が再出発をするとしたら、病なき世界の実現は決して難事ではないのである。ゆえによしんばこの説が全世界の学者、智識人から反対され、非難せられ、抹殺されるかも知れないが私は敢然として、真理の大旆を翳して進むのみである。』とありますので、医学の真理を知らせ、是正する、医学革命を推し進めることが世界人類救済活動であるのです。

この御講話を学ぶにおいては、「世界救世(メシヤ)教」復興運動の根拠と題した次のメシヤ講座を取り上げたいと思います。

 

メシヤ講座・特選集(№六十六・平成十八年七月分)

「世界救世(メシヤ)教」復興運動の根拠

「世界救世(メシヤ)教」開教時を振り返っておきます。メシヤ様は、昭和二十五年二月四日に開教を宣せられております。そして『私は、これまで顧問の名の下に、いはば蔭にあって経綸を行ってゐたが、漸く基礎的工作も出来上ったので、茲(ここ)に表面的活動に移る事となった訳である』と述べられております。

ところが、二月一八日付で『救世(メシヤ)教の名に就て』を発表されています。その末尾を『以上の意味であるから、メシヤとは救世の意味だけであって、今後の活動に適合する為のもので他に意味はないので其(その)事を茲(ここ)に断わっておくのである。人によってはキリスト教に関係のある名称だから、時局便乗主義からと思うかも知れないが、そういう点は些かもないのである。』と、意味深長な表現で結ばれています。

これは、開教に対して異論を唱える申し入れがあったことに対する発表でしょう。また、この時期新聞社の取材方法や問い合わせに対しても度々ご批判を加えられております。この二点の事柄は、開教と同時にメシヤ様の御意図とは別の働きによる暗雲がすでに立ち込み始めていた、と推察できます。

そのような中、同年三月五日、六日、七日に「五六七大祭」が執り行われ、『私自身としても未だメシヤとは名のらないと共に、キリストの再臨ともいはない。之は或時期までは神様から発表を禁じられてゐるからでもある。』と述べられております。

そして、『・・・勿論教も必要であるが、それ以上大神力の発揮がなくてはならない。といっても生神様的個人の力でもむづかしい。どうしても全人類を主宰し給う主の神即ちヱホバの絶対力の発現である。』と、主宰神について明言されております

さらには、お言葉の最後を『此(この)事が根本であって、之を深く認識する事によって初めて大神業に参加され得る資格者となるのである。』と締められております。

このお言葉の直後、同三月十一日に『世界救世(メシヤ)教 教義』をご発表になられているのです。

しかし大変残念なことながら、当時の教団を暗雲が覆い尽くしました。一つの形としては、弟子達の不始末による五月八日からの「ご法難」です。

もう一つの形としては、「ご法難」後にメシヤ様へ内外から課せられた様々な‘制約’です。結局、『開教の辞』でお述べになられた『時期の推移に従って漸次発表する』とされた内容は実現されませんでした。‶制約〟なしに唯一公式発表されたのは『世界救世(メシヤ)教 教義』だけになってしまったのです。

今後、「世界救世(メシヤ)教」復興運動を展開する上で『開教の辞』の具現化が必須であることを念頭に置き、陣容を整えてまいらねばなりません。そして、運動の端緒は『世界救世(メシヤ)教 教義』であることを再認識していただきたい、と願うものであります。

――――――――――――――――――――

つまり、世界救世(メシヤ)教の開教と、メシヤ様と御尊称申し上げること、主神様が主宰神であられること、世界人類救済活動は、一連の動きであったのですね。

本日は、魂を固め、人を救う強い御力を賜り、メシヤ様の代理として立派に力を揮い、仕事をさせていただくための、『メシヤ降誕本祝典記念大祭』を執り行わせて頂きました。あわせて三月度『覚りの旅』で、御教えとメシヤ講座を学ばせて頂きました。何か一つでも「これだ!」と共感・共鳴されることがありましたなら、有難く思います。

本日はおめでとうございました。