今月の二回目の『覚りの旅』を開催いたしました。

御神体、御神名の考え方は、メシヤ様の御教えと楳木先生のメシヤ講座と、中村一郎先生の講義をもとに、私が個人的に整理したものであり、考え方が違うからと言って否定するものではありません。
もともと、メシヤ教と御縁をいただいてから、それまで『明主様』と御尊称申し上げたのを『メシヤ様』と申し上げるようになりました。
先生は決して強制されたわけではありません。粘り強くメシヤ講座でお話しされ続けることにより、メシヤ様と御尊称される方が徐々に増えていったのです。
そういう意味で『覚りの旅』を続けて開催していく意義は大きいかと思います。

三救では楳木先生が20年に渡り積み重ねて来られた『メシヤ講座』で、ご教導下さった、参拝形式で参拝しておりますが、三救関係者(ブログで学びを続けておられる方を含む)宅に参拝し、御神前で自分たちの参拝方法で、参拝される方が、時々おられるようです。
参拝方法が分からない場合は、責任者が先達を務めさせて頂きますので、ご遠慮なくお申し出願います。
どうぞ、節度ある行動をお願い申し上げます。