もうすぐお彼岸ですね。

【御教え】(S24年2月8日)
――祖霊が地獄にあるときは運搬夫のほうが上になるのでしょうか。
 ええ、運搬夫のほうが上です。そしてたいてい祖霊は地獄へ堕ちているほうが多いんですよ。……それから墓石のほうにはふだんは霊はいなくてお詣りに行ったときに出てくるのですが、彼岸などの場合はずっとその間中来ていて名前の所に憑いています


メシヤ講座・特選集no.43(平成16年8月分)

お彼岸の意味

9月にはお彼岸がありますので、その御教えも紹介致しましょう。
『彼岸の時は太陽が冬至と夏至の真中を廻る時で、丁度いい時なんですね。で、この丁度いいという事が天国、極楽になるのです。つまり理想世界の事ですね。彼方の岸というのは「理想世界の意味でしょうね。でその時御墓参りをするという事で、別にはっきりした意味はないのですが、まあ丁度いい時に先祖を祀るという訳で之は理屈なしにいい事ですね。』

この内容は、先程の質問と兼ね合わせて考えておくと良いと思います。また、こうしたお盆やお彼岸、命日には善言讃詞を奉唱させていただくことが大切ですが、御祭りの前に神様へご祈願申し上げてください。『今日何々の法事(あるいは慰霊祭)をするから、何卒(なにとぞ)御守護を、とお願いすると、御光をいただける』と教えられています。心掛けてください。