信者たるもの常に魂を磨き、言葉を練り、上魂の人間たることを心掛けねばならない


【御教え】言霊の偉力 昭和25年
『霊界においては大言霊界―すなわち七十五声の言霊が鳴り響いている。これは霊界に充実している無声の声であって、人間の耳には感じないのである。しかし、この大言霊に対して、人間が発する言霊は大いに影響する。もちろん、正なる言霊は霊界の汚濁を軽減させるが、これと反対に、悪の言霊は汚濁を増すのである。これは何故かと言えば、七十五声の言霊の配列の順序によるので、その基礎は善悪如何である。すなわち、善の言霊とは美辞麗句であって、美辞麗句とは一つひとつの単語の綴り方が真善美に適っているからである。これは何よりも人間の耳へも快く響くもので、何故快く響くかというと、人間良心の本源である魂にまで透徹するからである。しかるに、悪の言霊は魂には透徹しないので、それを包んでいる心の範囲にまでしか達しないのである。

 ここで今一層徹底しなければならない。ということは、私が常に言うところの副守護神、すなわち動物霊は、心の範囲内に限定して憑依している以上、心の曇りが濃度であるほど副守護神の能力は強化される。これが曲者で、常に良心たる魂の光を遮蔽(しゃへい)しているから悪を好む人間となるのである。ところが悪の言霊は副守護神には快く響くので、これは事実がよく証明している。

 良い話を好むのは前述の如く魂に快く響くからであり、悪い言霊を好むのは副守護神が喜んで快く響くのである。例えば、悪人どもが悪事を語り合っているのを、仮に我々が聞くとすれば、堪えられないほどの不快であるに関わらず、悪人は快感を催すのである。

 以上の理によって、善い言霊は魂の光が増し、それによって心の曇りが減り、副守護神は畏縮する。畏縮するから悪を好まなくなる。という訳で、人間を苦しめていた副守護神は善言讃詞によって畏縮または離脱することになり、心の曇りも減少するから苦悩から解放されるのである。

 右(上記)によってみても、善言讃詞の言霊は、いかに善美きわまるものであるかが判るとともに、善言讃詞を奏上するや、その周囲の霊界は大いに浄まるのである。

 特に今ひとつの重要事がる。それは、言霊を発する人間の霊の清濁が大いに関係がある。すなわち魂の清い者ほど言霊の威力は発揮されるのである。それは霊的階級が上位であるからである。(中略)

 従って信者たるもの常に魂を磨き、言葉を練り、上魂の人間たることを心掛けねばならないのである。』



『信者たるもの、常に魂を磨き、言葉を練り、上魂の人間たることを心掛けるべきである。』 no. 147三重(平成25年4月)