悪人は病人なり 栄光131号、昭和26年11月21日より

 人間誰しも副守護神、すなわち動物霊は生まれながらに憑いている事は、私が教えている通りであるが、これも人間の生存上止む事を得ないので、それは体欲が必要だから神は許されているのである。ところが悪人となると新しく動物霊が憑(かか)る場合と、元からいる右の副守護神が動物の本性を表わす場合との両方がある。ではどうしてそのようになるかというと、つまりその人の霊に曇りが生じ、その曇りが濃厚になるに従ってそれ相応の動物霊が憑く事になり、憑くと前述のごとく、人間の本霊の方が負けてしまうから、彼の思い通りになってしまい、活躍するのであるから、悪人とはすなわち霊の曇りが原因であって、その霊の曇り通りに血液も濁るから、いずれの日か猛烈な浄化作用が必ず起るのである。その場合曇りの程度の苦痛が生まれる。それが不時の災難や、病気その他の不幸の原因となるのである。面白い事にはよく大悪人がいささかでも反省の念が湧き、仏心が起ると間もなく悪事が露見し、捕まるという事をよく云われるが、それはヤハリ浄化が発(おこ)ったからである。また悪旺(さか)んなれば天に勝ち、天定まって人に勝つという諺(ことわざ)などもその意味で、つまり人間は心に曇りが溜ると、苦しみによって浄められる天則のためである。

---------------------------------------------------------------------------------------------

『史記』伍子胥列伝にある言葉

【原文】
吾之を聞く、人衆(おお)くして天に勝ち、天定まってよく人に勝つ。

【訳文】
人が多くて勢いが盛んな時は、不義や非道を行なっても、天に打ち勝つように見えるが、いよいよ天道が定まって真相が明らかにされると、天が人を破ってその悪業を罰する。(講談社学術文庫『言志四録』より)


西郷隆盛の名言に

人を相手にせず、天を相手にすべし。天を相手にして、己れを盡(つく)し、人を咎(とが)めず、我が誠の足らざる所を尋ぬ可(べ)し。 

というのがあります。


悪業は隠しきれるものではありません。しかし、人に裁く権限はありません。
人のことをとやかく言わず、

今は、メシヤ様に求め、天職使命を全うすべく、コツコツと与えられた御神業に励む時だと思います。

天定まってとは、メシヤ様にお出まし賜ってと受け止めさせて頂きたいと思います。