お位牌は真中が一番上座

【御教え】御垂示録5号、昭和26年12月25日

 「先祖を真中にした場合に、主人の父母の位牌を別々にした場合は、向って右が上座なので、父は先祖に近いほうに――」
 真中が一番上座でしょう。真中に寄ったほうが上座にすれば良い。その場合は、右左は関係ない何でも左が上だと言って、左にするとおかしいものになっちゃ う。下座上座がないような場合は左が上座になる。そうでないのは、そういった――真中を上座にする。私がここにいて、左が上座と言うと、あっちに行っちゃう。格好が悪い。