番号
年月
 過去のおもな研鑚内容(メシヤ講座時代)

 
41〇私達の信仰の概念がメシヤ様の御神意に沿っている
〇文明の創造の目的とは
〇空前絶後に対応しよう
〇主神様の御存在について
〇智慧証覚得るには御教え拝読は欠かせない
〇惟神霊幸倍坐せ(かむながらたまちはへませ)とは
〇天津祝詞について
〇呼吸運動による動体中の不動体について
〇御教えは物凄く科学的である
〇現界の指導者は絶えず進歩向上していくべき
〇感性豊かな日本人に生まれて来たことに感謝
〇口から真珠が三つは369の型?
◆三重(3)と九重(9)の間には六重(6)の地があった。
42◎震災で皆が活力を無くしている。
◎思考停止し、正しい判断ができない。これが最後の審判の型
◎被災地から離れた人の心ない行動こそ『最後の審判』の型
◎正しい判断力を養うために、御教え拝読に懸命に取り組もう
◎感謝を生涯忘れず持ち続けること
◎備えを怠るな
◎生温(なまぬる)い民主々義から脱却しよう
◎布教師は下位上達で御教えに沿った指導を行うべき
◎「神」を180度ネジ曲げたとは「薬と浄霊の併用」のこと
◎腎臓の働きと血圧の薬について
◎薬理学を浄霊に生かして地上天国実現へ
◎血圧があがったら徹底的に腎臓を浄霊する
◎それぞれの役割の中で地上天国建設活動を行おう
◎家庭に天国を築きつつ人を救うという事に繋げよう
◎御奉仕に就いて
43○人間本来の魂は発光体である
○メシヤ様は最高神顕現の喜びを持って 「文明の創造」をお書きになられた
○メシヤ様と御尊称させていただくことで正神界が強烈になる
○今一歩踏み込んでいただきたい
○国常立尊様の系統の神様のお働きについて
○人間は憑(つ)いてゐる動物霊の性質がよく表はれる
○御玉串料の袋について
○邪神界の周到綿密な計画とは
○研鑽資料について
○「文明の創造(二・下)」研鑚資料について
○封建制度の滓(かす)とは
44○文明の創造(二・下)校了
○神の経綸の骨子
○禁断の木の実は薬
○現代人は錯覚状態にある
○来るべき地上天国樹立の為の準備
○主神様がメシヤ様に真理を開示された
○御神体御奉斎の形式
○主神様とメシヤ様の御関係
○あの手この手で神の経綸の骨子を包み隠す
○聖書における禁断の木の実(隠された真理)
○浄霊を頂くと心に善意が満たされる
○高校生の生物学の復習をしよう
45○本来人間は120歳以上生きる。
○住環境について
○人間の言霊が一番強い
○掃除が行き届かないから蟻が知らせてくれる
○歯の金具が現代人の精神状態をおかしくする一つの原因
○女性は下着に気を配ること
○緑錆が出るお光を掛けさせる教団方針に異義、メシヤ様に近づく想念つくりを説くことこそ大切。
○「心言行」を正す
○火素増量により浄霊力は強まる
○メシヤ様に直に繋がっていけば解決するが、智慧が必要である
○メシヤ様の弟子は医学に対する批判解剖をしつつお導きするのが本来の姿勢
○徳を施すという年齢
○無智なる、哀れ
○人類に貢献する~『文明の創造』仕上げ作業
○『文明の創造』はメシヤ様の御教えの集大成
○『文明の創造』『天国篇』について
○物質文化の集大成は車
○物質文化に抜かれ精神面が置き去りにされている
○本来の世界救世(メシヤ)教の取組を進めることに参加しよう
○免疫学研究の成果が実は霊主体従の法則
○検査被爆で癌化する~癌になりたければ検査をうけなさい~
○大黒様には「お金を運んで下さい」とお願いして良い
○尊い御神名をお唱えすると尊さに応じて光がいただける
○メシヤ様は参拝者の腹を見ておられる
○御祈願について
○神社でのお参りについて
46○思春期に感動した御教え
~なぜ神様は悪をわざわざおつくりになられたのか~
○教祖になる人は人を救う言葉を身につけると同時に真理の御啓示を神様から受ける
○主神様から根本義を示されたのはメシヤ様だけ
○次の世代でメシヤ様のお役に立つ子育てをしよう
○メシヤ様の教えによってこそ、十字架の形を真に理解できる
○キリストは主神様に謝罪をし赦しをこう役目
○仏教の根っこは伊都能売神皇様の教え
○我々は一厘の力を持って御神業をする
○医学を是正
~ 容易ではないからこそ、やり抜かないといけない~
○九分九厘の悪とは現代医学
~九分九厘と一厘のことがわかっていかないと御神業とは言えない~
○御教えの話をすると温度が上がる
○イエスキリストと素戔嗚尊の関係
○課題を持って次の宗教編の校正作業を行おう
○メシヤ様の教えの根本がわからないと、医学科学は『錯覚』に気付かない。
○医学の必要性
○救命について
○夏休み特集 ~子供達に~
○真の祈りとは
~ 参拝について ダイジェスト版 ~
47
○現代は天国の一歩手前
○動物と同じようにすれば病気は治って行く。
病院に行かないからこうやって元気に居れるのだ
○人間の体の中には自分の中で栄養素を作り出す力がある
浄霊を頂くと人間の自然治癒力がより一層強まっていく
○岡山支部では御教えを学びたい人が集い始める
○神道の間違った使い方とは
○祝詞奏上について 参拝する時のイメージ作り

  メシヤ様にお使いいただける喜び

○日常生活で発生した罪穢には神様にお詫びし御用をすることが大切

○時代の進歩を幅広く勉強し的確に浄霊に活かそう
○時代即応の説き方を
48○『病気とは何ぞや』御執筆の二つの目的
○現代、一番恐ろしい病気は認知症
○薬とは繋がりをブロックするもの
○化学物質、添加物が細胞分裂の不調和をひきおこす
○社会情勢を把握し現代に御教えを当てはめて考えよう
○病気とは汚物の排泄作用
○薬毒とは薬剤の古くなったもので、毒血又は膿化した不潔物である。
○支部責任者の浄化について
○『文明の創造』校正作業でいただく大いなる御光
○三千年間の罪穢れは日本人が薬毒にやられた歴史
○人体のことがわかっていないために誤りを伝えた
○活力があるから浄化をいただける
○先天性薬毒は二種類ある
○羊水がシャンプー臭い
○しっかり学び大事な情報を自分で取り入れて生活しよう
○両毒は人間が神経を使ふ局部へ集中固結する
○御浄化のいただきかた
○自家採種について
○科学が発達しないと主神様のことはわからない
○民主化により脅威を半減に
○38億年の生命誌も大掛かりな夜昼転換と受け止める
○メシヤ様がお説きになられたことが科学的に実証されてきているのが現代
○神無月は御神業の進む月
49○宗教とは一体何か
○人間らしく生きるために宗教はある
○明確な宗教感をもとう
○信念体系を構築しよう
○真の文明の根っこは病気の解決にあり
○文明の創造発刊は反文明解決の第一段階
○涎(よだれ)は虫歯予防
○現代は精神の不健康者があふれている
○自然宗教と創唱宗教
○『独断的観念』と『いとも頑(かたくな)な偏見』は夜の時代の癖
○現代の医学は苦痛緩和法
○近赤外線治療について
○毎日論文に挑戦しよう
○お互いの文明を理解し目指すところをひとつに
○ヘルペスについて
○定着するとは地肌から体に入ること 天然素材といえど注意が必要
○高血圧について
○具体論は『文明の創造(二)』の科学編にある
○TPPについて
○ギャンブル依存症も精神の不健康者
○戦後日本人の精神構造が巧みに破壊された
○良い世界をつくるには浄霊の普及が不可欠
○浄霊不足とは勘違い
50○医学を誹謗(ひぼう)する考へは毫末(ごうまつ)もない
○メシヤ様を信仰する信者の方が今や時代遅れになっている
○メシヤ様の御心に沿うには薬理学の研鑚が必要
○浄霊に科学性を持って取り組む
○『捉われる』『他を顧みない』は自分に対する問いかけとして受け止める
○家族同士で浄霊できるというところを日々目指そう
○メシヤ様は真理のわかった人は偉い人だと評価された
51〇『文明の創造』研鑚資料仕上がる
〇デカルトの二元論を出発点とする、現代医学の解釈をメシヤ様は御指摘なされた
〇主神様の御意図により御浄化の形が決まる
〇夫(奥様)の毒素が集溜する場所をいつも意識しておくべきこと
〇浄化作用は自然の恩恵
〇浄化作用は人間本来の使命を行うために起きる
〇病気こそ神の恩恵中最大なものである
〇神秘浄霊力!骨でも筋肉でも毒素は透過する
〇『自然に合理的に』が問題解決の判断基準
〇『誤った考へ』とは薬毒であり想念面でもある
〇自然に放任しておけば完全に浄化が行はれる
〇現代人の陥(おちい)っている最大の錯覚(さっかく)とは
〇サムシング・グレートについて
〇生命の神秘
52教祖祭代表挨拶
●感謝は行動に。 本来の御神業を力強く推進させていただくという決意を!
●組織に捉われず
 メシヤ様に太く直(じか)に繋がっていただきたい
●『利他行』『下座行』『手の力を抜く』のが修業
●現代、『最も悩みとされてゐるものは』
●『摩擦』 薬は出そうという働きを止める
●薬を入れないと同時に添加物をとらない食事が大切
●浄化作用は『自然良能力である。』
●毒物による浄化三段階
●『体力が旺盛であるから』肺炎になる
●肺にできる影は『人為的所産』
●『放任しておけば、順調に治癒する』
●浄化作用が起きた時の食事療法
●『物質の原則』
●医者の行いは『善意の加害的行為』
●メシヤ様に直(じか)に太く繋(つな)がる取組こそ、本来の浄霊力を発揮できる
●素直に『メシヤ様』とお呼び申し上げれば良い
●節分の意義
●『文明の創造』の校正について
●フォトンベルトについて
●『文明の創造』発刊がメシヤ様(救世主)を世にお出しすることに繋(つな)がる
●五十六億七千万年後の世
●ゆとり教育の弊害について
●子育てに“もしドラ”とりいれよう
53◆『医療は根本療法ではない』
◆『肺臓癌は肉食多量が原因』
◆タバコの煙硝剤は現代の肺癌の原因
◆新車の臭いは化学物質の臭い。空気を入れ替えてから乗ろう。
◆『自然に放置しておけば全治する』
◆浄霊は『薬毒を除(と)る』ことがメイン
◆血圧降下剤が脳梗塞を起こす
◆腎臓に負担をかけない食生活をしよう
◆夕日で情操教育を、朝日で精神病の改善を。
◆御教えに基づき現代の課題を見つめる
◆花粉症は耳の下の凝りをとると治る
◆サプリメントが体のバランスを崩す
◆なぜ新潟のお米はおいしいのか
◆『文明の創造』について
54◆『こんなことで薬を飲んでたらどうしようもない』
◆心配が新たな病気を作る可能性
◆腎臓・小腸・大腸が活性化すれば痛風は乗り越えることが出来る
◆科学が発展すればするほど有効的な浄霊ができる。
◆やさしさと力強さ
◆『日月地』『五六七』の調和 バランスのとれる生活を心がけよう
◆救いに向かって取り組む人に寄り沿う場が組織
◆メシヤ様の話を中心に交流を広げよう
◆主神様直接の御啓示
◆新本部建設について
55◎自然、合理的であること
◎体に良いから食べるというのは思い込み
◎体の欲するものを食べるのが良い
◎きつい浄化の時は菜食をする。
◎病理学的、生態学的研究を取り入れて浄霊する
◎運動と睡眠不足の利点
◎誠の御奉仕に感謝
◎天地間の浄化作用
◎自然農法を広めよう
◎1年も前に新本部の夢を見ていた!
◎「御腹帯」の御用をいただく
◎霊界を整える
56◎メシヤ様は現代社会を御指摘
◎浄霊は、神経経路の勘違いを修正する
◎暗黒界に一条の光明
◎ボツリヌス菌について
◎神様が御準備された庭
◎延命治療について
◎天体運航の神秘 浄霊の根源を認識
◎気付き始めた人もいる
◎想念の世界を認識
 新本部を基礎に一挙に御神業を進めよう
◎再び延命治療について
◎「味わう」喜び
◎ドキドキするような時代
想念の世界はもう、研究の段階に入っている
◎アメリカ布教
◎徳積と浄霊によってこそ救われる
◎『地上天国祭』から打ち出す御神業
国境を超えるシステム
57〇『生活力』とは『消化機能』のこと
〇食事の西洋化が『根気』『集中力』『持続力』を低下させる
〇『人間の体の構造』『肉体の機能』をもっと研究しなければいけない
〇?人類を弱体化して支配力を増す"牛乳が一年中同じ味なのは不自然なこと
〇本来の人間生活は、自然と順応して行く形で生活するのが一番良い。
〇地上天国祭にメシヤ様がお出ましに・・
〇祭典は参拝者の信仰によって神々しさが出るもの
〇大きく価値観を変え、メシヤ様がお示し下さった方向に向かう。
〇『世界に広めようお光なしの浄霊力伝授』『メシヤ様に直に太く?がっていこう』
〇メシヤ様の御神業の精神を求めてやっていかないといけない
〇神の粒子
〇神上がる龍神様達
58〇幼稚園児夏休み別講座
〇世の中に起きてくることの根本を見て考える
〇人間に必要なものが存在を許されている
〇死ぬまで御用を許されたい
〇ご処置斎場について
〇98歳まで信仰も仕事も元気に・・
〇『文明の創造』波紋広がる
〇『天津祝詞・善言讃詞』
〇メシヤ様の本来の御神業を進めよう
〇EM菌について
〇学問と権威のシンボル
59
2409mesiyakouzamie.pdf
〇物質界と霊界の世界の中間を充填する
〇『理論心霊学』に沿って生活すれば御守護に溢れる。
〇毎日一ヶ月『無機質界』を拝読する
〇『夜叉龍神も解脱為し』
〇メシヤ様がおつくりになられた祝詞を御神前で響かせる意義
〇天の斑駒
〇祝詞を唱える想念が整うことが、世の中を変える。
〇『文明の創造』発刊を機に一挙に御神業は発展する
〇『人類救済の聖業』
〇日本は『徳』によって世界をリードすべき
〇本来の人類全体を救う取組を!
〇目を見張る子供たちの成長
○『文明の創造』で世の中を変える取り組み
○若い人と会話をしつつ自分を吟味する
○『メシヤ様の進められようとした御神業』
○?助け合い″という過ち
60
2410mesiyakouzamie.pdf
◎『文明の創造』の学びに呼応する世の中の出来事
◎子宮筋腫のメカニズム
◎浄霊をすると本来の細胞に戻る
◎世の中がメシヤ教の勉強会の後押しをしてくれている
◎『霊主体従』について
◎天体の運行にも注意し、備えを怠らないこと
◎モーゼの奇蹟が現実に
◎罪によって異なる固結場所
◎御神業とは道を楽しむこと
◎潰瘍性胃腸炎について
◎拒食症について