平成308

「覚りの旅」平成308月度

 

「覚りの旅」の復活ということで、『主神様とメシヤ様』の79Pの『法律と人間の野蛮性』から学びあいたいと思います。それでは拝読願います。

(拝読)

ありがとうございました。

それでは、もう一度要約しながら内容を確認してみましょう。

 

法律と人間の野蛮性   (栄百十八号  昭和二十六年八月二十二日) 

現代は法律万能時代

法規が多く一生かかっても覚えられない。

しかし

犯罪は減らないどころか増え続けている。

文化の進歩と矛盾している。

その原因は何かを検討してみる。

 

法律だけでは犯罪は無くせない

社会から犯罪を減らし、犯罪者なき世界を作る事

そうなったっか?

今は、法規の条文を増やすのが国会の議事だ。

犯罪者が減っているなら法規も減ってよいではないか。

犯罪を無くすのは、法律だけでは到底駄目なのだ。

現状法律を無くせば悪人の天下となってしまう。

法は法として今のままで、他の有力な方法をあわせて行うのが良い。

では、他の方法とは何がある?

宗教と教育しかないだろう。

しかし、何十世紀もやってきてこの有様だから期待できないよ。

法律は獣を収容する檻だ。

隙をみて逃げようとする。

逃げないよう細かくする。

人間の恥辱だね。

だって、人間は、獣と同様の扱いを受けているのだよ。

威張った口は利けたものではないね。

一日も早く目覚めるべき

人間の形をした獣になってはいけない。

半文明半野蛮の域を脱しなければいけない。

しかし、人間扱いをされていい人と獣扱いをされなければならない人の区別はあるのだよ。

これはまたやむを得ないのです。

国にしても軍国主義=野蛮国と、平和主義=文明国とがあるでしょう。

教育は、野蛮時代からみれば人智は進んだ。

政治、社会機構、あらゆる方面に渉って驚くべき進歩発達を遂げた。

しかし、精神面即ち魂の改善には、力が足りなかった。

法律という檻を不要にする事が、出来ないではないか。

それでは宗教はどうか。

昔から偉い聖者や、卓越せる偉人が幾人も現われ、血の滲むような苦心努力を続けて来た。法を不必要とする迄には到っていない。

既成宗教にも多くの期待は持てないでしょう。

 

光明世界の先覚者たれ

そこで人間から真に獣性を抜き、檻を必要としない社会を作るには、どうすればいいかという問題であるが、之こそ凡ゆる既成文化を超越した破天荒的な力が現われなくてはならないのは言う迄もあるまい、処が喜ぶべし、其力こそ主の神としてのエホバから吾等に与えられ、今現に発揮しつつある事実で、之が本教の真髄であるから、本教は全く超宗教的大いなる存在であって、やがて来るべき光明世界の先覚者として、第一番に人類の迷蒙を醒ますべき警鐘が此文と思って貰いたいのである。 

===================================

 

主神(エホバ)様から吾等に与えられた浄霊で、人間から獣性を抜いていく。

そして、檻(おり)を必要としない社会を実現する。

来るべき、光明世界の先覚者となれ!人類を覚醒させるのだ。
覚りの旅30-8 法律と人間の野蛮性


半人半獣



 

と要約できると思います。

檻を必要としない社会、人間から獣性を抜いていくことが使命なわけです。

それでは、なぜ人間に獣性があるのでしょうか?進化の道程として獣からスタートしたので半人半獣だったことがわかります。善と悪をお創りになられて文化を進歩させてきたように、人間もまた善と悪を持って進歩させられてきたのですね。

その説明が次の御教えにあります。

善悪発生とキリスト教 文明の創造 S27年  

『以上説いた如く、文化の進むに従って、必要であったものも不必要となり自然淘汰(とうた)されるとしたら、最後に至って人間と雖(いえど)も自然の法則から免(まぬが)れる事は出来ないのは勿論(もちろん)である。としたら人間に対するそれは何かといふと、勿論(もちろん)人間に内在する悪である。曩(さき)に述べた如く今後の時代は、悪は有害無益の存在となる以上、悪人は淘汰(とうた)されて了(しま)ふのは当然な帰結である。之を一言にしていへば、進化の道程として動物と同様の人類が進化し、半人半獣であった人間が、即ち外表は人間、内容は獣であった、其(その)獣性を除去して全人間にするのが今や来らんとする神意の発動であって、それに服従出来ない者が、自然淘汰(とうた)によって滅亡の運命となるのである。

 以上の如く善悪の人間が清算され、善の人間が大多数となった世界こそ、本教で謂()ふ処の地上天国の実相である。右によっても分る如く、滅亡の一歩手前に迄来てゐる悪人を悔改めしめ、犠牲者を少なくする其(その)救ひこそ、神の大愛である事を知らせるのが本教の大神命である。』

 

===================================

このように宗教には、獣性を無くすという使命があるわけです。

その宗教が、宗教が社会を不安に陥れ、法律を平気で犯して牢に入り、死刑を執行されてしまったのが、オウムの事件でした。高学歴の信者を含め、多くの信者がマインドコントロールされていました。常識を逸脱した宗教になってしまっていたのです。違法薬物や機械まで使って、人間の獣性を無くすのと逆の善性を除去してしまったように思います。

これではもう宗教とは言えません。カルト集団です。

 

この事件について、メシヤ講座で代表は次のように御教導下さっております。

メシヤ講座・特選集二十八

最高神の御意図を求める取り組み

 また、日本を震撼させたオウムによるサリン事件にせよ、最近何かと騒ぎとなっています〝白装束集団〝にしても、私達は高い視座から理解しておかねばならないことがあります。それは、霊能力をもつ人が、欠かしてはならないことがあるのです。少し触れておきます。

 霊能力を体験によって磨く、ということがまず第一にあります。もちろんこれは〝人類救済〝に取り組むということです。

 次は、学習を重ねる、ということです。メシヤ在世中(昭和二十年代)は、すべての全国紙に目を通し、ラジオは浴室にまで設置し寸暇を惜しんでニュースに耳を傾けています。最高神の代行者として救済活動に取り組む立場にあってもなお、世界情勢や国内情勢を通して最高神の御意図を求めていたということです。

 そして三つ目は、〝人格の向上〝ということになります。特別な立場にあろうとも、〝更なる向上〝という課題はあります。最高位に向かって一歩一歩近づこうとする努力の生活者でなくてはならないわけです。しかもその努力が、苦痛ではなく〝遊行〝でなくては本物ではありません。

 この三点を欠かしてしまうと、その霊能者を中心とする集団は〝カルト集団〝化してしまう恐れがあるのです。

カルトはある意味、時間が止まってしまっている面があります。時代は主神様の御意図のままに進んでいるにもかかわらず、一つの事柄にとらわれてしまうのですね。ですから、社会病理という表現は当たっている面もあるのです。

 ただ政府側も〝カルトは何を人類に伝えようとしているのか〝という認識や柔軟性がないために、お互いに役割を果たせないまま不幸な現実に見舞われます。残念なことですね。

 私達の学びとしておきたいことは、私達の姿勢のあり方です。私達も浄霊力を授かり、霊能力を身につけていますので、更なる救済活動、学習、人格の向上に努めていかねばならないということです。

 そして人として努力していく時に、〝自分だけやっても・・・〝という思いがむくむくと湧いてきたり、面倒くさくなったり、消極的になったりすることがあったりしますと、薬毒に負けている状態です。また霊の曇りが発生している精神状態です。そのときこそ浄霊をいただいてください。

 浄霊とは、今の時代に活き活きとして、嬉々として生きるために取り次ぎ、いただくものなのです

 

***************************

私達は、マインドコントロールされることがあってはなりません。

常に、常識を重んじる宗教なのです。

 

浄霊実践で体験を積み重ね、

学習を重ね、(御教え拝読の徹底)

人格を向上させ、

獣性を除去していく。

 

そして、檻(おり)を必要としない社会を実現する。

来るべき、光明世界の先覚者となっていかねばなりません。

 

 

それでは、今回の内容について自由に語り合い、学びあいましょう。

 

 ***********************************************************

 

 

 

 

1つ話題を提供いたします。(時間があれば話をする)

先日、ある医者の「食」についての講演会で、マクガバンレポートの話が出ました。

このレポートについては、「アメリカ上院 栄養問題特別委員会レポート 食と生命 健康へのパスポート 松本栄聖著 世界浄霊会発行」で読んだことがありました。

その中で、ヒポクラテスの話が出てきます。

病は自然が治す 医師はそれを助けるのみ というのが医学の始まり。それをヒポクラテスが説いた。キリストの生まれる500年前のことである。ギリシャで説いたヒポクラテスの話が、正しい医学の始まりだったが、それを後の人類が大きく歪めてしまった。」

 

「病は自然が治す 医師はそれを助けるのみ」というのは自然界は大宇宙であり、人体を小宇宙と見なす東洋的思想と言えます。西洋の自然界と人体を切り離した考え方というのはヒポクラテスの思想と真逆であることがわかります。

自然環境(火、水と空気、土)と内部環境(体液)の調和を図ることが医学の当初の使命だったのです。

ヒポクラテスは自然治癒力を重んじ、浄化作用を善と見ましたが、現代では「病は悪なり」として悪と見ています。

医学もヒポクラテスの原初に帰る。価値観を変え人生観も転換することが必要なのだと思います。

 

(図1)
(図1)病とは

自然治癒力

(図2)
図1 浄気

zintai 人は天地の縮図




ヒポクラテスの唱えた原初の医学はメシヤ様の教えと通じるものがありますね。


それでは、御教えで、病気とは何か? どのように書かれているのでしょうか。

例をあげてみます。

・体内にあってはならない汚物排泄作用 (文創 S27)

 霊肉中にある汚物が一杯になると、健康保持上必要な浄化作用が起こり、体外へ排泄する。

この排泄作用には大小遅速があります。排泄に伴い神経を刺激しますので、一時的苦痛が発生します。

・体内の不純物、有毒物の排毒作用 (救世57号 S25)

・健康増進のための自然生理作用 (自叢 S25)

・人体の一部又は全部に異常現象が発生、それによる苦痛 (明医 S11)

・溜まった汚物の掃除 (未発表) 

 

人は天地の縮図

最近は異常気象が続き、災害が頻繁に発生しております。

天候もまた浄化作用だとメシヤ様は仰っております。

風雨雷鳴洪水の原因は人間の悪の想念と行為であり、悪に属する言葉を発することによって、天地の霊気が曇ります。そして一定値を超えると浄化作用が発生するのです。

ですから、人体の病気も天然現象も一切の生成化育に必要な現象であり、この真理を把握しないと医学は成り立たないのです。 (内外公論 S11)

この浄化がないと生物は生活を保てないのです。

ですから浄化は有難いことで、メシヤ様は病気というより『浄気』の名が良いと仰っておられるのです。

(図3)は、メシヤ講座no.197三重(平成298月)の時に

http://meshiya-kyo.net/selection/2017/08/197_mie/?hilite=%27%E4%B8%89%E9%87%8D%27

コップがあるとすると、曇りが溜積してくると、溜まってくるとあるところまでくると溢れますね。溢れると浄化作用が発生します。浄化作用ということの意味合いですが、曇りがある一定の線を超え溢れた時に浄化作用が発生します。

どういうふうにあらわれるのかと言うと、病気、災害、法による刑罰で出てきます。「病気、災害、法による刑罰にならず助かったわ」というと、これに漏れた分、逃れてももっと恐い霊的刑罰というのがあってこれは神の律法であって絶対だそうです。ということが『毒素の解剖』という御教えに書かれています。」と学ばせて頂きました。このように、人体の浄化作用も天候の浄化作用も同様であるので、人は天地の縮図でもあるわけです。

 

特別講習会御講話  (昭和十五年十一月九日)

『肉体は死物である。医学の建前から物質たる死物を健康にしても、健康になる訳はなく、病気も治らぬ。霊に対するには霊を以てしなくてはならぬ。霊の放射で初めてとれる。霊を綺麗にするより外方法はない。

  今迄火がなくて霊界の事が分らなかった。

  血液の汚い分子のみ循環によって一所へ集まる。人間がゴミを一所へよせて掃溜へすてるやうなもの、そのはきよせてすてる時が病気である。

  心臓は毒の量、質等に必要量の熱を吸収する、それを冷す。(肺-痰、腸-下痢)心臓は目にみえない火を吸ふてとかす。肉体の曇は水になって動く、それが痛みである。故に病気とは浄気である。

 

医学もまたヒポクラテスの思想に帰って自然治癒力を助けるということに目覚めて欲しいものです。



(図2)


図2






















(図3)

図3